JIS認定工場 JQ0415001

事業案内

日進ガルバ工業株式会社社屋

鉄をさびから守り経済性にも富んだ日進ガルバ工業の溶融亜鉛めっき

主要商品

仮設機材
グレーチング
建築資材
架線金物

その他さまざまな用途に対応しています。

溶融亜鉛めっき

高温で溶かした亜鉛に鉄製品を浸し、表面に亜鉛被膜を形成する技術です。亜鉛めっき加工を施した鉄製品は、空気との接触を遮断することにより、さびや腐食を発生しません。塗装や電気めっきなどとは異なり、亜鉛と鉄から形成される「合金層」により、亜鉛と鉄が強く金属結合しているため、長い年月を経てもめっきは剥がれることがありません。

特性 1 耐食性に優れています。 鉄製品の表面に亜鉛の保護被膜を作り、犠牲防食作用による優れた防錆効果が得られるので、大気中や海水中、土壌中においても優れた耐食性能を発揮します。
特性 2 密着性に優れています。 鉄と亜鉛の合金反応による密着効果により、鉄素地に強固に密着しますので、過激な衝撃や摩擦以外では剥離することはありません。
特性 3 隅々まで均一にめっきが施せます。 パイプの内側やタンクの内面などの中空体で目に見えない部分や、手の届かない部分でも完全に均一なめっきを施せます。
特性 4 経済性に富んだ防食方法です。 長期的な防錆効果があるので、補足的なメンテナンスが必要なく、他の表面処理法に比べ、はるかに経済的です。
特性 5 鉄製品の保護に優れています。 外部の腐食環境より鉄製品を保護する保護被膜となります。また、亜鉛めっき被膜が破損して鉄素地が露出しても、犠牲防食作用によりさびの進行を抑制します。