JIS認定工場 JQ0415001

溶融亜鉛めっき加工工程フローチャート

溶融亜鉛めっきの優れた特性をフルに引き出すために、綿密に管理された加工工程を必要とします。加工工程 製品受入 仕込作業 前処理工程 脱脂処理 水洗処理 酸洗処理 水洗処理 フラックス処理 めっき工程 めっき作業 冷却処理 後処理工程 白さび防止処理 仕上げ/検査 製品出荷

製品受入

外観状態(変形、破損、めっき構造の適否)等の確認。お客様ごと、またはロット単位に仕分けし、専用治具にセットする。

製品受入

前処理工程

鉄製品の表面に付着している油脂類を、加熱したアルカリ水溶液に浸漬し除去する。鉄製品の表面に付着しているさび、スケール等の酸化物を、酸性水溶液に浸漬し除去する。酸洗後のさびの発生を抑え、鉄、亜鉛の合金反応を促進させる為、加熱した塩化アンモニウム水溶液に浸漬、素材面にフラックス被膜を形成させる。

前処理工程

めっき工程

鉄製品を溶融した亜鉛浴に浸漬させ、溶融した亜鉛と鉄との反応により、表面に亜鉛めっき被膜を形成する。

めっき工程

検査及び出荷

めっき表面を平滑処理する。タレ、バリ等の除去。外観、付着量、密着性等の検査及び、数量の確認と不具合等の確認。

検査及び出荷 検査及び出荷